So-net無料ブログ作成
検索選択

預金保険料減額も一案=郵政「民業圧迫」批判で−原口総務相(時事通信)

ベトナム報道で活躍、元毎日記者・大森実氏死去(読売新聞)

 大森実氏(おおもり・みのる=国際ジャーナリスト)関係者によると、25日(日本時間26日)、肺炎のため米カリフォルニア州ミッションビエホ市の病院で死去。

 88歳。神戸市出身。

 毎日新聞ワシントン支局長、外信部長などを歴任。ベトナム戦争報道で知られ、ボーン国際記者賞(現在のボーン・上田記念国際記者賞)を受賞した。

 退社後は、米カリフォルニア州に移り、フリージャーナリストとして活動する一方、カリフォルニア大アーバイン校で教べんをとっていた。

住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
<河村名古屋市長>リコール運動不調でも辞任せず(毎日新聞)
旭山動物園を全国一に…小菅名誉園長退任へ(読売新聞)
「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)

11兆円の追加対策案発表=国民新(時事通信)

 国民新党は23日、11兆1000億円規模の追加経済対策案をまとめた。同党は対策の規模を7兆円程度で調整していたが、雇用対策により力を入れるべきだとの意見が強まったため、額を積み増した。近く政府に2010年度補正予算案の今国会中の編成を申し入れる。
 追加経済対策案は、夏の参院選に向け同党の存在をアピールする狙いもあり、亀井静香代表が17日の鳩山由紀夫首相との会談で進言していた。
 対策案は(1)「非正規社員100万人の正規雇用転換」に1兆6000億円(2)住宅版エコポイントの拡充に5000億円(3)開かずの踏切など交通渋滞対策に1兆5000億円−が柱。財源としては、特別会計の剰余金で1兆8000億円、利子が付かない代わりに相続税のかからない無利子非課税国債の発行で2兆5000億円を調達するなどとしている。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<合志市長選>荒木義行氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)
福岡・切断遺体、被害女性に交通事故トラブル(読売新聞)
<蒸気機関車>ぽっぽー春の音…「SLやまぐち号」出発進行(毎日新聞)
<阿久根市長>「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る(毎日新聞)
バイオラバー販売会社に罰金=「がんに効果」、薬事法違反−京都簡裁(時事通信)

<窃盗>仏像2体が盗まれる…愛知・一宮の寺(毎日新聞)

 20日午後6時ごろ、愛知県一宮市浅井町西海戸の観音寺で、管理者の母親(63)が、本尊で同市指定文化財の阿弥陀(あみだ)如来座像(高さ83センチ)と、「みかえりの弥陀」と呼ばれる仏像の計2体が盗まれているのに気づき、県警一宮署に届けた。窃盗事件として調べている。

 同署によると、同寺は無人。昨年12月30日の大掃除の際に仏像はあったといい、その後盗まれたらしい。引き戸には鍵がかかっていた。仏像は同寺の奥の間の祭壇に置いてあった。

 同寺は同県江南市の「修造院」=小沢優博住職(38)=が管理。住職の母親が掃除を兼ねて出かけ、盗難に気づいたという。【黒尾透】

【関連ニュース
骨とう品広域窃盗:容疑者追送検 川本署、捜査終結 /島根
仏像窃盗:元住職に懲役3年と1年−−奈良地裁支部判決 /三重
仏像窃盗:元住職に実刑、懲役3年と1年−−地裁支部判決 /奈良
仏像窃盗:元住職に実刑判決−−奈良地裁五條支部 /三重
福岡・重文観音像窃盗:初公判 起訴内容認める /福岡

認可保育園の民間委託延期 園長候補が相次ぎ辞退 練馬(産経新聞)
平城宮跡で雑草燃える=建造物被害なし、2人補導−奈良県警(時事通信)
ハイチPKO部隊を激励=隊長らとテレビ電話会談−北沢防衛相(時事通信)
九州新幹線「つばめ」、利用者2千万人突破(読売新聞)
マガン 明けの空に飛び立つ影の群れ 北海道・苫小牧(毎日新聞)

駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か−北九州(時事通信)

 20日午後1時ごろ、北九州市小倉北区京町の駐車場で、鉄パイプの屋根が折れ曲がり、近くにいた女性の首を直撃した。女性は病院に運ばれたが、出血性ショックで間もなく死亡した。小倉北署は強風で屋根が折れ曲がったとみて、詳しく調べている。
 同署によると、死亡したのは小倉南区守恒本町、パート従業員藤本一美さん(47)。
 駐車場の屋根は、精算機のある車の出入り口に設置されている。鉄パイプの骨組みにビニールのほろが渡されており、高さ約3メートル、ひさしの長さは約1.6メートルで、根本から折れ曲がっていた。
 駐車場には藤本さんの車が止めてあり、藤本さんが入り口付近にいた際、直撃を受けたとみられる。 

桜 東京で開花 平年より6日早く(毎日新聞)
<社債>トラブル相談相次ぐ 総額14億円解約などに応じず(毎日新聞)
<たまゆら>火災から1年 慰霊碑に思い込め(毎日新聞)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」(J-CASTニュース)
「落とし物お届けセンター」から電話で振り込め詐欺(産経新聞)

<震災障害者>報告書案 首都直下地震での課題として明記(毎日新聞)

 阪神大震災(95年)で心身に後遺症を負った震災障害者の問題に関連し、内閣府の「首都直下地震の復興対策のあり方に関する検討会」(座長=澤井安勇・日本防炎協会理事長)は、17日公表した報告書案で、首都直下地震で生まれる震災障害者への支援の必要性を課題として明記した。国が震災障害者について、今後の災害で取り組むべき問題との認識を示したのは初めて。

 報告書案では、首都地域は地域のつながりが希薄で、高齢者ら要援護者の孤立や孤独死を防ぐために行政や自治会、非営利組織(NPO)の連携が必要と指摘。その中で「震災により障害を負った被災者(震災障害者)への支援も必要だ」と明記した。近く最終報告書をまとめる。

 中央防災会議の専門調査会は、首都直下地震が東京湾北部で発生した場合、最大で死者約1万1000人、重傷者約3万7000人と算出している。【川口裕之】

【関連ニュース
路上生活者:34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ
雑記帳:身体障害者100人がたすきをつなぐ日本縦断駅伝
パラリンピック:難聴障害者が鈴木選手を現地撮影へ
障害者スキー:男子立位で三沢、同座位で谷口がV…大回転

子宮頸がん ワクチンで予防実現 高額費用…公費助成求める声(産経新聞)
定昇は維持、一時金満額割れも…春闘一斉回答(読売新聞)
<プルトニウム>電事連や原研 保有量公表(毎日新聞)
<三笠宮さま>左目の白内障手術が終了(毎日新聞)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)

【風】利用者本位の制度に(産経新聞)

 高速道路無料化に反対という大阪市の男性(47)から、こんなメールをいただいた。

 《私はかなり視力が弱いので、運転免許を取らずに生きてきました。旅行は好きですが、鉄道やバスがなくなったらどこにも行けません。私にとって鉄道やバスは、自由の象徴、マイカーなのです》

 男性は《誰もが安価で自由に移動できる公共交通システムをつくってほしい》と訴えている。

 民業圧迫、受益者負担が崩れる維持管理費の問題など、これまで、無料化が抱える諸課題が浮かんだ。それに対して、いくつか提案もいただいている。

 毎日車を利用するというサービス業の男性(40)は、維持管理費の工面を心配しつつ《一部の道路だけ無料とは、利用する人に混乱を招かないでしょうか。それなら、有料で構わないので、どこのインターで乗っても降りても、一律同じ料金にしてはどうでしょうか》と投げかけ、《何より、利用する立場の人たちがわかりやすいことが大切》と指摘する。

 《緑ナンバー(営業車)と白ナンバー(一般車)を分けたらどうか。営業車の料金を大幅に下げて物流コストを下げると、経済効果は大きくなる》と提案するのは、兵庫県加古川市の警備員男性(66)。《運送業者はコスト削減のため、荷物を積んでいない帰路は一般道を使うケースが案外多い》とし、《営業車は現在の1割ぐらい、一般車でも3割ぐらいにすればどうか》と提案する。

 さまざまなご意見をいただいた、高速道路の無料化に関する「風」。今回でひとまず締めくくりとしたい。賛否は分かれるが、大切なのは、6月の「実験」開始後も、利用者にとってよりよい方策となるよう柔軟に対応することだろう。

 《無料化に期待しています》という京都府綾部市の女性(45)からは、こんな声をいただいている。

 《高齢になった父は、孫が来るのを楽しみにしていますし、『無料化になったら、もっと回数が増えるかも』と言ってくれています。そうなると、わが家も笑顔、楽しみが増えます》(U)

                   ◇

 次回の「風」は「教育費」を取り上げます。公立高の実質無償化などが話題となる一方、「子供の塾代で家計がキツイ」という家庭も依然少なくありません。教育費はいかに軽減すべきか、年間教育費の許容範囲は−など、幅広いご意見をお待ちしています。

【関連記事】
米30州で教育費削減に反対する学生デモ 120人逮捕 
「教育財政破綻の危険性」外部監査人が指摘 茨城21年度外部監査
高校受験の教育費、8割超が負担
「子ども手当」どう使う? 関西ママは節約志向
育児に意欲、でも現実は… お父さん、不安は教育費
20年後、日本はありますか?

<清水建設>放射性コンクリ量100分の1に 削減技術開発(毎日新聞)
上海万博訪問を検討=唐前国務委員に伝える−鳩山首相(時事通信)
<火災>2棟焼き独居の86歳死亡 大阪(毎日新聞)
<トキ>9羽の死 順化ケージの金網に62カ所のすき間(毎日新聞)
トキ襲撃はテン=ケージ内に足跡−環境省(時事通信)

<北野武さん>初の展覧会、パリで(毎日新聞)

 【パリ永田晶子】パリのカルティエ現代美術財団で9日、映画監督でタレントの北野武さんの展覧会の内覧会が行われた。北野さんが描いた絵画約50点のほか、オブジェなども展示している。会期は11日から9月12日まで(月曜休館)。

 北野さんの展覧会は日本、海外を通じて初めて。優れた現代アートの紹介で知られる同財団が要請、5年がかりで実現した。記者会見で北野さんは「絵はペンキ職人だったおやじの影響を一番受けた。自分が楽しいと思うことを作品にしたので、みんなに共有してもらえれば」と話した。

 展覧会のタイトルは「絵描き小僧」。会場には原色を使った素朴でユーモラスな絵画や、顔が花で体が動物の不思議なオブジェ、巨大な恐竜の置物などが並ぶ。「ビートたけし」名義で出演したテレビ番組を放映するコーナーもあり、海外では知られていないコメディアンとしての活動にも焦点を当てた内容になっている。

 パリのポンピドー芸術文化センターでは11日から約3カ月間、過去の監督作品を上映し、複数の雑誌が特集を掲載するなど同国では北野さんへの注目が高まっている。

【関連ニュース
北野武監督:フランスが芸術文化勲章授与 上映会も開催
ビートたけし:「泣きそうになった」長嶋茂雄氏と8年ぶり再会 東京スポーツ映画大賞
石川遼:初の冠レギュラー番組 たけし、所とゴルフ腕自慢も テレビ東京
北野武:「十何年ぶり」北村総一朗も“極悪11人” 7年ぶりバイオレンス「アウトレイジ」完成
ビートたけし:亀井対竹中の“郵政ガチバトル”を実現 香山・勝間対決も TBS新春特番

漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化−鳩山首相(時事通信)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)

高杉晋作の遺品返せ…ひ孫らを記念館が提訴(読売新聞)

 幕末の志士、高杉晋作(1839〜67年)ゆかりの品を展示する山口下関市の東行記念館(休館中)を運営する宗教法人東行庵(松野實應代表役員)が9日、同県萩市と晋作のひ孫の男性(77)(東京三鷹市)を相手取り、萩市が保管している遺品69点の返還などを求める訴訟を山口地裁下関支部に起こした。

 訴状などによると、東行庵は晋作の墓を管理し、産着や木刀、書簡などの遺品を記念館で保管。だが、高杉家側が2003年2月、「管理が不十分」として遺品の大半にあたる227点を引き揚げ、04年11月から晋作の生誕地・萩市の萩博物館で展示してきた。

 その後、施設改善などを条件に、高杉家が記念館での保管を了承。下関、萩両市と東行庵の合意で08年9月以降、萩博物館が69点、記念館が残り158点を管理していた。

 東行庵の代理人弁護士は9日記者会見し、「高杉家から記念館に寄贈されたことは、長年の周知の事実」と主張。08年の合意については「東行庵が萩市に貸し出しただけ」と強調した。

 一方、萩市の野村興児市長は「そもそも晋作の遺品は高杉家のもの。不当訴訟以外何ものでもない」とコメント。ひ孫の男性は「遺品の所有権は私にある。晋作には萩と下関での歴史があり、両市で大事に分け合ってほしい」と話している。

トルコ人の東大助教が論文盗用、博士号取り消し(産経新聞)
外国人地方参政権 亀井氏「法案提出なら連立解消」(産経新聞)
不法残留、10万人割る=法務省(時事通信)
<大島幹事長>舛添氏に自重促す 総裁辞任に講演で言及(毎日新聞)
「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)

<夕張市>総務相、再生計画同意 全国初「財政再生団体」に(毎日新聞)

 原口一博総務相は9日、07年に財政破綻(はたん)した北海道夕張市の財政再生計画に同意した。09年4月に施行された「自治体財政健全化法」に基づき、市職員の給与削減などで10〜26年度の17年間に322億円の赤字解消を目指す内容。市は4月から健全化法に基づく全国初の「財政再生団体」となる。

 総務省で藤倉肇市長に通知を手渡した原口氏は「政府として全力で支えたい」と述べ、藤倉氏は「計画を着実に実行し、一日も早い夕張の再生を目指したい」と応じた。その後の記者会見で原口氏は、夕張市など財政基盤の弱い地方自治体に対する地方交付税を増額する意向を示した。

【関連ニュース
夕張市:財政再生案報告 17年間で赤字322億円解消
夕張市議会:再生計画案を可決 赤字17年間で解消目指し
北海道・夕張市議会:財政再生計画案を可決
自治体財政健全化法
北海道・夕張市:財政再生計画 17年間で322億円赤字解消

クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚(産経新聞)
<内閣府参与>湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として(毎日新聞)
中2男子首つり自殺、学校調査で「いじめ」証言(読売新聞)
投薬後の死亡で「遺憾」=遺族との調停、県が解決金−兵庫(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。